不動産物件を購入するにあたっての注意点とは

希望通りの家作り

図面と模型

利用するときの流れ

大阪で家を建てるとき、設計事務所を候補に入れる人も一定数います。設計事務所での家作りは、自分の希望通りの家ができる点、狭小地や変形地での家作りではコスパがよくなる点に魅力があります。大阪は特に都市部に狭小地や変形地が多いため、こうした土地で家作りをしようとする際には設計事務所はおすすめといえます。設計事務所での家作りは、ハウスメーカーや工務店よりも打ち合わせの回数が多く時間がかかるという特徴があります。一連の流れとしては、まず最初に相談、ヒアリングを行います。設計事務所での家作りは、雛形があるわけではないため、このときのヒアリングが非常に重要になります。思っていることは何でも伝えましょう。ヒアリングの後、土地の調査に入ります。土地にまつわる様々な関連法規を詳しく調査します。土地調査が完了したら家の見本をイラストや模型、パソコンのソフトによるイメージ図などで確認します。この時点ではあくまで提案の段階のため、気に入らなければ何度も作り直すことができます。概略が気に入れば契約となります。契約後に細かく設計をつめていくことになるため、この段階では設計をすることの契約となります。その後は、基本設計の打ち合わせを行い、基本設計が完了したら確認設計、申請とすすみます。この手順に時間がかかり、数ヶ月以上かかります。設計が完了したら施工会社を選び、決まれば着工です。工事中は施工管理を行います。このような手順で進みます。大阪で建てるのならば、やはり大阪の設計事務所の方が何かと便利です。