不動産物件を購入するにあたっての注意点とは

借りる前に用意するもの

積み木

仲介手数料や保証人が必要

不動産情報サイトを見れば、沢山の賃貸アパートが掲載されています。賃貸は一人暮らしをしたい時に便利な住まいです。ただし、賃貸でも不動産には変わりないので、入居するまでには様々な手続きがあります。賃貸アパートを借りる前に、準備しておくものがいくつかあります。まず必要になるのが契約時に支払う費用です。費用については、どんな賃貸を借りるかによって違います。呉市で家賃4万円の賃貸アパートを借りると、不動産会社に仲介手数料を4万円支払う必要があります。また、「敷金1・礼金1」なら8万円(家賃2カ月分)が必要です。その他に火災保険料や鍵交換料、引越し費用などモロモロ合わせて家賃5カ月分は用意しておくと安心です。呉市には敷金0礼金0の賃貸アパートもあるので、初期費用に余裕がない人にお勧めです。一般的に呉市で賃貸アパートを借りるには、連帯保証人が必要です。連帯保証人は安定した収入がある一親等か二親等が理想的です。連帯保証人を依頼できる人がいないなら、保証人不要の賃貸アパートがあります。呉市の不動産会社で探せば、保証人不要の賃貸を紹介してもらえます。その他に必要になるのは、年収を証明する書類や、現在の住所が分かる住民票のコピーです。源泉徴収や納税証明書などは、年収を証明する書類として有効です。住民票は発行されてから6か月以内であることが大切です。印鑑登録証明書が必要になる場合もあるので、住民票と一緒に市役所で発行手続きをしておくのがお勧めです。